2013年05月17日

日本語

こんにちは。設計部HORIです。
ここのところ金欠のため、外出は控えていたことに加え
読書もミステリーばかりだったのでなかなかブログが更新できませんでした。
って誰に言ってんだ・・・(笑)

突然ですが、我が家の居間から見た主庭です。

庭.JPG

25歳の時に山梨に帰ってきて以来、居間に座って庭を眺めることなんてなかったので
すが、ここのところ居間で家族会議をする機会が何度かあったため自然と目に入ってきました。

私が大学生の頃亡くなった祖父が、何年もかけてせっせと作庭しました。
幼い頃の情景といえば、庭木の廻りで遊んだり、土をいじったり、猫と一緒に日向ぼっこしたり、木の影で
涼んだりといった庭に関することばかりが思い出されます。

いつも近くに庭と手入れをする祖父がいました。
私の場合あたり前のようにあった庭ですが、現在住まいを計画する多くの方は、
スペースや費用が必要なこともありなかなか計画することができません。

晴れの日、雨の日、異なる色彩や香りをもたらしてくれるような。
新緑の季節には生き物の力強さを感じるような。
落ち葉ひとつひとつが、アートな感覚を呼び起こしてくれるような。

そういった庭が個人的には、好みです。
妙に堅牢であったり、ホームセンターで売っているような
二次製品を組み合わせた作為的な庭ではなかなか情景とは成り得ません。

建物を設計する仕事についた当初と、今を比べると建物は一歩引いてでも全体的な
バランスをみるようになりました。
そして、すぐには計画しなくとも情景として浮かぶような庭がつくれるようなスペースの
確保と、庭が完成した時に邪魔にならないような建物のデザインを考えるように
なりました。


家と庭があって初めて、「家庭」。
日本語はよく出来ています。
ではでは。







posted by 設計スタッフヾ(@^▽^@)ノ at 13:44| 山梨 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。